プラセンタの安全性について

あなたはプラセンタの安全性が気になってこのサイトへこられましたよね?
もしそうでなければ時間のムダになってしまうので見ないほうがいいです。

 

それではプラセンタの安全性について紹介していきますね。

 

まず、プラセンタの安全性を知るには使っている原材料を知ることから始めましょう。
プラセンタとは胎盤という意味なのですが、実際に胎盤をそのまま使用しているわけではありません。
胎盤から美容効果があるものであったり健康効果があったりする栄養素を抽出しています。
栄養素だけを抽出しているので、基本的には安全で副作用がないといえます。

 

とはいえ、病気や感染症が心配されていることも事実です。
しかし、いま現在まで一件もそういった病気や感染症にかかった人がいるという事例がありません。
これもまた事実です。
また商品として使う胎盤を持っている動物は管理が徹底されている中で飼育されているので安全性は高いです。

 

使われている胎盤の種類

ひとことで胎盤といっても何の胎盤かで大きく違ってきます。
ここではどういった胎盤が使われているのかを紹介していきます。

 

豚の胎盤
今現在いちばんプラセンタ商品に多く使われているのが豚のものです。
体格が人間に近いということで相性がよいとされています。
また、美容に関する栄養素が高いこともあり人気があります。
ただ商品によって安全性は大きく変わってくるのがきになるところです。
選ぶときにはしっかりと徹底的に管理されている豚のものを使用しているところを選ぶべきです。
SPF豚使用と書かれていれば安心です。

 

馬の胎盤
現在ではまだまだ豚よりも人気はありませんが、含まれているアミノ酸が豚よりも多いため重宝されています。
また馬には寄生虫が付きにくかったり、病気にかかりにくく、他の動物にくらべ予防接種も必要ないため安全性においては高いです。

 

植物性プラセンタ
当たり前なのですが、植物に胎盤はありません。
でも植物にある胚には同じような働きがあるため使用されています。
動物性のものよりも安全性は高いといわれています。
しかし残念ながら含まれている栄養素が少なく効果があまり期待できないです。

 

他にも人間のものもありますが、人間のものは医師のみが扱うことができるため使用する人は少ないです。
安全性もそれほど高いというわけではありません。